肌のトラブルを予防してキレイ肌をキープする|ノンキーピング妊娠線

妊婦

アトピーの症状改善

界面活性剤などが少ないのが特徴です

アトピーの治療を皮膚科で行っているにもかかわらず症状が一向に改善しない患者が最近では増えているそうです。 症状が改善しない理由には様々な原因が考えられますが、皮膚科でステロイド治療を行っても症状の改善が見られない場合は、普段使用している洗剤に原因があるのかもしれません。 一般的な洗剤には洗浄力を強化するために界面活性剤が使用されています。 また、洗濯物のにおいを消すために多くの香料などが洗剤の中には含まれています。 とくに界面活性剤は洗濯後にすすぎを丁寧に行ってもどうしても残ってしまいがちな成分です。 このような洗剤に含まれている成分が肌への刺激となり、アトピーを悪化させている要因の一つと考えられています。

アトピー向けの洗剤が人気です

アトピー患者の皮膚は肌のバリア機能が低下しているため、洗濯後の服に残ったわずかな成分にも過剰に反応してしまうことが最近の研究から分かっています。 皮膚科でも治療の効果がなかなか見られない患者には界面活性剤などが多く含まれている洗剤を使用しないように指導しています。 最近ではインターネットの通信販売などでもアトピー患者向けの洗剤なども販売されています。 アトピー患者向けの洗剤は界面活性剤や香料などがほとんど含まれていないなど、肌のバリア機能が低下しているアトピー患者の肌にもやさしい作りとなっていることが特徴です。 皮膚科などで治療を行っても症状が改善しない場合は一度、界面活性剤などの成分が含まれていないアトピー患者向けの洗剤を試してみてはいかがでしょうか。